今年最大級の月 スーパームーンの過ごし方

スポンサーリンク




今年最大級の月 スーパームーンの過ごし方

2019年2月20日深夜に乙女座の満月でスーパームーンが起こります。

このスーパームーンは、2019年で最も大きく見える満月です。

19日夕方から20日明け方まで見る事ができ、

地球と月の距離が近いので、いつもより満月が大きく見る事ができます。

通常の月より大きく、また、明るさもアップしていますが、

全国的に天気が下り坂の為、見るチャンスは少ないかもしれません。

名古屋もあまり期待できそうにありませんが、当日は空を見上げてみます!

夜空に月がなくても人は影響を受ける?

 

わたしは35歳を過ぎてから、体調を崩し

いろんな病気になりました。

若年性更年期、不正出血、鬱病、橋本病、偏頭痛。

始めの内は働く事もできていましたが

鬱病になってからは1年半ほど家に閉じこもっていました。

調子が悪い時とまあまあ良い時。

月の満ち欠けと連動している事が多かった事が印象に残っています。

月の満ち欠けで、気分が上がったり下がったり・・・。

そういえば

昔から、満月や新月などに出産が多いと言います。

また、満月に犯罪が増える、ケンカをしやすくなるなど

人は少なからず、月に影響を受けているのではないかと思う話はよく聞きます。

 

流れに身を任せるのもいいものだと思う

 

若い頃と違って

年を重ねるほどに経験から思います。

流れに逆らって生きるよりも

「いつかなる様になっていく」

と、考えて流れに乗ってしまった方が良い時もあると。

満月の時、特に今回はスーパームーンなので

「満ちる時」「完成する時」などの意味があります。

 

一旦立ち止まって

今よりもっと自分が楽な生き方を考えてみる。

いっぱいいっぱいの毎日よりも

少し余白がある生き方を。

自分を追い詰めることない日々を

考えるのに良いタイミングです!

過去を振り返る事によって

大きな変化をつかみ取れる時期かと思うので

心当たりがあったら

一旦立ち止まってみる事をおすすめします。

わたし自身、この機会に振り返りたいと思っています。

月は考え方を変えるチャンスをくれる

新月や満月を意識すると迷ったり悩んだりしている時には助けになります。

「新月」は「スタート」、「満月」は「完成」

こんな風にとらえると自分の中で気持ちに区切りができます。

何か新しい事を始めたい。

気持ちを新たにしたい。

過去と決別したい。

こんな時は新月を迎えようとしているタイミングが多いし

自分の気持ちもそんな方向へ動きたくなっている事があります。

反対に、始めたことが完結する。

何かしらの成果を出す事ができるのが満月のタイミングです。

細い月「新月」から始まり

吸収、成長といった流れを積み重ね

満ちた月「満月」を迎える頃には

吸収したものを消化したり

手に入れたものを捨て去る事ができる。

月を意識して過ごすと、乱雑になりがちな日々を

丁寧に過ごす事ができるかもしれません。

当たり前に何となく生きている日々と

もっと向き合う事ができれば

毎日を今よりもっと楽しんで過ごせるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

毎日のふつうのごはんとかおやつをアップしてます。 あとはささやかな日常の風景やつぶやきです。 いろいろあるけど毎日を面白がって生きてます。