映画部に入部した

映画部に入部した

 

若い頃、和紙の花を制作販売する仕事をしていた時期がある。

その頃は、週一休みだったので

貴重な休みに映画のハシゴをする習慣があった。

1日で3本は見ていただろうか。

4年続いたその習慣は

転職してからぷっつり途絶えてしまった。

<スポンサーリンク


最近、具合が悪くなってから

ふと思い出したのが映画館。

体調が良くなったら行ってみようかな…。

それからしばらくして

わたしは映画館に行く事ができた。

1人映画館へ

 

何十年かぶりの1人映画館。

ちょっとドキドキしていた。

なんせ

映画館自体のシステムも変わっていたし

小さな部屋が沢山あって

道に迷ってしまう有様だった…。

大体、ドリンクを買うのすら悩ましい。

オーダーの仕方がわからなかったのです…

ほら、サイズの読み方がいろいろあるでしょ?

最近はさすがに大丈夫ですが…。

<スポンサーリンク


ところで!

久しぶりに大きなスクリーンで観た映画はといえば…

ものすごく楽しかった‼️

ドキドキとワクワクしかなかった❗️

あー、これこれ。この感じ。

映画館で観る映画はやっぱいい‼️

 

それからしばらく

休みの度に映画館に行った。

見たいものが溢れかえっていたから

毎週楽しみだった。

 

映画部に誘われた

 

わたしのバイト先は

若者が多い。

下は高校生から上は40代くらい。

人付き合いに消極的なわたしは

用件以外はほとんど話さないのだった。

だが、ある日

ちょっとしたアクシデントから

若者と話をする時間ができた。

息子達より少し年上の彼は

「人が好き」なのであった。

そして、話好きでもあったので

いろんな話をした。

生い立ちも含め

お互いのことを話した。

彼は、ひとことで言えば「苦労している人」

であった。

仮にも子育てをしていたわたし。

彼の子供時代の話を聞いていたら

ほんとに悲しかったし

今、こうして目の前にいてくれて

良かったなぁって思った。

 

そして、彼は映画好きでとても詳しかった。

「わたしも好き!」

そこから話は広がって

楽しい数時間を過ごした。

<スポンサーリンク


数日後

バイト先に他にも映画好きがいるのが分かり

彼が映画部を作り、わたしも誘われた。

「hiroさんも入りませんか?」

楽しそうだったのでありがたく参戦した。

 

5人のメンバーは

若者男子3人とわたしともう1人の女性である。

 

たまに、皆で映画を観に行くこともあるし

バラバラに行くこともある。

先日は5人で行ったが

果たして

周りからは何の集まりだと思われているのだろうか?

謎のグループである。w

友人になるのに年齢はカンケーなく

要は周波数が合うのがポイントだろう。

気があうと言えば良いのかな。

 

 


基本

わたしは相変わらず1人映画館だが

彼が誘ってくれる時は一緒に行く。

ささやかながら最近の楽しみである。

来月のヴェノムは彼と一緒に行くので

今から楽しみにしてる^_^

映画部に入部してみたら

日常に楽しいことが増えた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

毎日のふつうのごはんとかおやつをアップしてます。 あとはささやかな日常の風景やつぶやきです。 いろいろあるけど毎日を面白がって生きてます。